吹田市千里丘で腰痛にお悩みのあなたへ

[最終更新日]2018/08/01

腰痛にお悩みのあなたへ

今、あなたを悩ませている腰痛はとてもメカニズムが単純なものです。「腰痛の8割は原因不明である」という話が良く出てきますが、そんな事はありません。むしろ8割以上の場合は「原因が明らか」です

ですので、しっかり取り組めば腰痛は目に見えて改善していきます。どうぞご安心下さい。

1.大腰筋を如何に緩めるか

あなたを悩ませる腰痛は「大腰筋」というお腹の奥にある筋肉が主犯格です。「腰痛の8割は大腰筋が主犯格である」という本を書きたいくらい明らかです。

ですので、今腰痛でお悩みであれば、あなたの大腰筋はまず緊張しています。

だから大腰筋を緩めてあげる事でその腰痛はかなり楽になるはずです。少なくとも慢性的な腰痛の場合は大腰筋で間違いないでしょう。

何が緊張させているかを一緒に考えます

これが実は一番大切なポイントです。

  • 何処が緊張しているのか→×
  • 何故、そこが緊張せざるを得ないのか→〇

当院の施術で「大腰筋を緩ませる」事は勿論しますが、問題は「何でこんなに大腰筋が緊張しているのか」です。その仕組みを把握して解決しない限りは緩めても再び大腰筋が緊張していきます。それでは「痛くなったら、また院に行って緩める」の無限ループです。

それよりも「大腰筋の緊張とサヨナラ」を目指して「生活の何処で大腰筋が緊張するのか」を一緒に考えましょう。 知っているのと知っていないでは全然違います。

2.体幹を如何に安定させるか

大腰筋が緊張している人は必ず体幹が抜けています。ですので、大腰筋を緩めると同時に「体幹を再構築する」事も大切です。これが抜けているとせっかく抜いた大腰筋があっという間に緊張します。

むしろ、体幹が抜けるから大腰筋が緊張するのです。だから体幹も一緒に安定させていきましょう。

体幹が抜ける原因を一緒に考える

施術で体幹を「入れ直す」事は当然行いますが、やはり大切なのは「何故、体幹が抜けたのか」です。これがわからない限りは大腰筋同様に入れても家に帰ったら「また抜ける」だけになります。

ですので、生活の何処で体幹が抜けてしまうのか、それを一緒に考えていきましょう。抜ける要素が見えれば対策も練れます。

3.骨盤の歪みを整えること

綺麗な骨盤をしているのに慢性的な腰痛に悩むという人を私は見たことがありません。腰下の問題が出ている場合はまず骨盤、仙腸関節が絡んでいます。

ですので、骨盤をしっかり左右上下のバランスを取ってあげることが大切になります。

自分の癖を知っておこう

日本人は「片足重心」に「椅子生活」「お姉さん座り」に「足を組む」等、骨盤を歪ませる習慣のオンパレードです。ですので、骨盤を綺麗にする姿勢に取り組む前に「自分が偏りやすい方向」を知りましょう。

そうすれば簡単な自己ケアがいつでもできるので、骨盤が歪むペースはゆっくりとなります。

自己ケアがある程度できたら、今度は生活の中で「骨盤の歪みを抑える」事に取り組みましょう。

身体は取り組めば取り組む程に「変化」という返事をくれます。「頑張ってるのに変化が無い」は基本ありませんので、是非頑張りましょう。

4.自分の腰と会話ができる様に

腰痛を克服する為には「自分の腰と会話ができる」事が大切です。身体の声を聞けるようになれば「あ、これはマズイかも」と自分で状況のコントロールが可能になります。そうなれば早い段階でセルフケアによって腰の問題を解決出来るのです。

「身体の声を聞く」のは経験を積めば誰でもできる様になります。ですので当院での施術を通して「身体の感覚」を一緒に養っていきましょう。

身体の使い方を覚える事で腰痛だけでなく日常生活の様々な部分で「楽」「軽い」を感じる様になりますし、「ぎっくり腰」等の急性症状が起きる可能性をぐっと下げる事ができます。

腰痛克服の応援をしています

長引く腰痛の原因は「施術で腰の負担を抜いているだけ」のケースが殆どです。腰痛から卒業する為には「身体の使い方」や「生活」をほんの少し変える必要があります。そこで、当院では「腰痛症状の改善」と「腰痛発症からの卒業」を同時並行で取り組んでいます。

そのしつこい腰痛を根本的に解決したいと考えている場合はお気軽にご相談下さい。私の方で答えをご用意できると思います。

その他の色々な腰痛について

次は「ぎっくり腰

関連記事

  1. 椎間板ヘルニアについて

  2. ③更年期の腰痛について

  3. 様々な女性の腰痛

  4. ①産後直後の腰痛について

  5. ②10代~20代の腰痛について

  6. 妊婦さんの腰痛