院長について

役職

  • 社団法人カイロプラクティック志塾 常任理事
  • 日本カイロプラクティック連盟 会員
  • (同)腰痛治療ナビ 執行役員

「神の手」に救われた院長

-重症患者が臨床家になった-

院長は「寝たきり生活」を余儀なくされた椎間板ヘルニア患者です。20代で人生初の神経痛と寝たきり生活を経験しました。

  1. 有名な病院を頼り
  2. 有名な整骨院を頼り
  3. 手術と後遺症の宣告

途方にくれた私を救ってくれたのが1人目の師匠です。

次は自分が救う

自分は運良く師匠にたどり着くことができました。その一方で未だに彷徨っている人が沢山います。

  1. 「どうして症状が繰り返すのか。。」
  2. 「何をすればいいのか・・」
  3. 「何を信用したら良いのか」

「良かれ」と思って色々試しても結果が伴わない。頑張って頻繁に通っても変化が安定しない。

そんな人達の受け皿として俊カイロを千里丘に開きました。

師匠は自分を救ってくれた先生の背中を追いかけてこの道に入りました。僕もまた、救ってくれた師匠の背中を追ってこの道に入りました。

>>続いては
先輩患者からの伝言

>>あるいは
全身調整

ご相談はお気軽に

友だち追加

友だち追加