坐骨神経痛をここで終わらせる

[最終更新日]2019/02/28

お尻から太腿裏まで走るピリピリ

それは、人体最長の神経が作り出す。

僅か1本の神経によるものなのだ。

※実際の坐骨神経は実は2本の神経の集合体です。

坐骨神経痛を終わらせる

坐骨神経痛は「坐骨神経に走る神経痛」を全て指す症状名です。

非常に範囲が広い為に、坐骨神経痛というだけで施術の方針を決めるのはとても危険です。

坐骨神経痛を終わらせる為に必要な事は、「坐骨神経痛を起こしているのは何か?」という1点です。

最適な対策を練るには確かな原因を明らかにする事。

それが坐骨神経痛を終わらせる最善策です。

1.自分の状況を明確にする

問診:千里丘で坐骨神経痛

坐骨神経つは個人差が非常に大きい神経痛症状です。

  • 片足だけ痺れる
  • 両足痺れる
  • お尻の裏が痺れる
  • 太腿の裏が痺れる

どの症状であっても「坐骨神経痛」に変わりありません。

ここで大切なのは「坐骨神経痛」という大きな枠組みから「私の坐骨神経痛」という小さな枠組みへと情報を整理する事です。

坐骨神経痛に至る原因は沢山あります。坐骨神経痛はその結果に過ぎません。

坐骨神経痛を終わらせるための「鍵」とは「結果に至る道=プロセス」なのです。

なので「自分の坐骨神経痛」を1つの物語にして俯瞰的に眺めていきましょう。

自分にしかない「チェックポイント」が色々と見えてくるはずです。

2.自分の身体の状態を知る

カルテ作成:千里丘で坐骨神経痛

自分の坐骨神経痛が整理で来たら、次は「からだの今」を確認していきます。

「からだのカルテ」の作成です。

殆どの患者様は自覚症状のある部分については意識が集中できていますが、それ以外の部分は比較的意識が遠のいています。

その為「何も問題は無い」と認識しているものの、実際に確認をすると「あれ?何で?」と思い通りに力が出ていない事が多々あります。

この「認識と実際のギャップ」が坐骨神経痛を引き起こす主な要因です。

  • 意識している身体の使い方
  • 実際の身体の使い方

この両者の間に生まれる溝が大きければ大きい程に「からだの負担」は大きくなります。

厄介なことにその「溝」の存在に誰も気付いていません。

正に知らないうちに「自分でからだを虐めている」状態なのです。

そこで、まずは「現実」をしっかり知る事から始めます。

「からだを思い通りに使えているかどうか」

答えは検査が教えてくれます。

3.身体が求めている事に取り組む

「からだのカルテ」作成で「実際の身体の状態」が明らかになります。

  • どの筋肉が使えているか
  • どの筋肉が使えていないか
  • どの筋肉群が連携を失っているか

ここで明らかになるのが「からだが何を求めているか」です。

からだは「痛み」「痺れ」だけでなく「機能不全」という形でメッセージを常に出しています。

検査を通してそのメッセージを受け止め、適切に答えを返す。

それが坐骨神経痛を終わらせる近道です。

痛みや痺れを抑え込む施術では根本的な解決はしません。それでは痛み止めで解決するのと同じなのです。

坐骨神経痛を根本的に終わらせるには「からだのバランスを整える事」が重要なのです。

当院の全身調整はその為の施術だとお考えください。

4.変化は少しずつ、確実に起こる

小さな変化:吹田摂津千里丘で坐骨神経痛

坐骨神経痛の施術で「一瞬で痺れが消えた!」というケースは稀です。

  • 「原因がたった1つの関節だった」
  • 「発症してすぐの施術だった」
  • 「元々、痛みに過敏だった」

この様な要因が重なると、1発の矯正で10割消えさるという奇跡の様な事が起きます。

かなりレアケースです。

基本的に変化は小さく始まり、積み重なっていく事で大きな変化へと生まれ変わります。

まだ残っている症状よりも「小さな変化」を楽しむ余裕を持つことが大切です。

気持ちは常に前へ

それが坐骨神経痛を早期解決するコツです。

坐骨神経痛の施術費用

6,980円/回
(90分)

※2019/04/01から新料金体系に変わります

坐骨神経痛の施術は全身調整の中で取り組みます。

基本のルートは他の症状や疾患と同じですが、患者様自身の身体の状態に合わせて、随時ルートを変更していく形です。

当院の全身調整は基本がオーダーメード型の施術ですので、「自分の身体に特化した施術」を求めている方に高い評価を頂いています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!