腰痛はどうやって起こるのか?

[最終更新日]2019/01/02

腰痛はどうやって起こるのか?

腰痛が起こる理由は沢山あります。

余りに多すぎて「これだ!」というのは多分ありません。

それは発症が実にわかりやすい「ぎっくり腰」も例外ではありません。

「グキッ」となる瞬間の出来事は覚えていますが、どうして「グキッ」となる程に腰が弱っていたのかはわからないという事が殆どです。

正確に言えば「そんな事、考えたこともなかった」という事の方が多い様です。

原因は患者様の数だけあります。

腰痛という症状が発症するまでには個々人ごとのプロセス(道のり)が存在しています。

  • 「仕事で座りっぱなし」
  • 「大型トラックを徹夜で運転していた」
  • 「介護の仕事で夜勤が続いていた」
  • 「コールセンターの仕事でクレームが増えていた」
  • 「階段を2段飛ばしで降りた」

など、その過程は本当に様々です。

同じ原因だけで起こる腰痛は恐らく存在しないと思います。それくらい「生活に密接な症状」なのです。

起こっている現象は似たようなもの

人の数だけ原因がある腰痛ですが、実は身体に起こっている変化は基本的に皆さん同じです。

これが腰痛の不思議なところで「原因は違っても結果は同じ」であることが多いのです。

そしてその「腰痛に悩む身体で起こっている事」とは主に「大腰筋」の緊張にあります。

腰痛の主犯格は主に「大腰筋」と呼ばれる深部の筋肉です。

結局は「大腰筋」を如何にゆるめるか

腰痛の主犯格は「大腰筋」というインナーマッスルの緊張を如何にして取るかです。

ですがそれが中々難しくて、臨床家を悩ましてくれます。

最初から大腰筋を対象に緊張を取り除ければ良いのですが、大腰筋が緊張するまでには様々な出来事が身体には起こっており、最後に大腰筋が緊張してしまっている状態となります。

戦国時代の城攻めに例えると、大腰筋の緊張は「天守閣」に居座る大名様です。

最初に本丸を落とそうとしても中々そうはいきません。

その手前には「外堀」もあれば「内堀」もありますし大名の側近(その他筋肉)が要所要所に控えている状況なのです。

ですので、一つ一つ目の前の事に取り組みながら、最終的に天守閣の大腰筋を狙っていくのが腰痛に対する最適で唯一のアプローチといえるでしょう。

これを無視して最初から大腰筋を狙った場合、施術直後は改善しますが、自宅に戻る頃には「あれ?戻ってきたかな」といった腰の違和感が出てくるパターンになります。

これが全国で多発する「受けた後は楽なんだけどねぇ。。。」の正体です。

もし、あなたが吹田市、摂津市千里丘で腰痛を根本改善したいと考えている場合はお気軽にご相談下さい。

大腰筋から入らない、下準備をしっかりしてから天守閣を目指す施術が当院の売りです。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!