10回コースはこうして生まれた

[最終更新日]2019/06/13

産後の骨盤矯正はとてもTV的

演出としても上手で中身が良く見えない

ただ、それっぽくは見えるのだ

10回コースは止めた方がいい

いきなりですが、日本全国で大ブームの「産後の骨盤矯正」まさか10回通っていませんか?

産後の骨盤はとても動きやすい状態ですので、実は矯正の必要が殆どありません。なので、自然分娩の骨盤に関しては1回で十分です。

正確には「1回できっかけを与える」事で後は自然に戻っていきます。

「でも、私が通っていた院では10回必要って説明受けたよ」

こう答えるママが沢山いますが、ここで問題です。

どうして10回必要だと思いますか?

恐らくママはこう説明を受けたはずです。

  1. 産後の骨盤は動きやすいから歪みが戻りやすい
  2. リラキシン等ホルモンの影響があるから云々
  3. 産後は骨盤が疲れているから慎重にしないと駄目。

産後の骨盤矯正を強くしている院のHPには大体この言葉が並んでいます。

これは後付けの理由であり「建前」です。

本当の理由はこちら↓

  1. 客単価が上がるからから
  2. 10回必要と言えば10回来てくれてるから
  3. 施術のリスクが無いから
    :特に問題のない身体だから

これが本音です。商業的に美味しいのです。

10回が納得の限界点

この10回という数値、実は科学が導いた数値です。

  1. 産後の骨盤が綺麗に整う為に必要な最小回数
  2. ママが納得して通う限界の回数

この「10回」が売り上げの境界線なのです。

これが11回、15回となると途端に「回数券の販売率が下がる」ということが判明しています。

それが10回なのです。だからどの院も「10回コース」を用意しています。

  • わざわざ5回にする理由がない
  • だった、10回コースで買うんだもの。

単純に「多数のママが買うから売れる」だけの話なのです。

なので、何も知らないママが一番損をさせられています。何も知らないからこそ「そういうものなんだろ」と信じてしまいます。

でも、疑問に感じるママは既に感じています。

  • 「どうして誰か行っても必ず10回になるの?」
  • 「どうして5回の人とか7回の人とかいないの?」
  • 「どうしてどの院でも同じ10回なの?」

答えは「10回限りならママが買ってくれるから」です。

理屈は基本的に「後付け」

産後の骨盤矯正に10回必要な理由、挙げれば一杯あると思います。

先に述べた「産後骨盤の三箇条」はその代表例です。

  1. 産後の骨盤は動きやすいから戻りやすい
  2. リラキシンホルモンの影響があるから
  3. 産後は骨盤が疲れているから慎重に

この黄金の三箇条は最早「全国共通」の定番単語と言えるでしょう。

「だって、同じ産後の骨盤矯正なんだから当然じゃん」

こう思われるママが沢山いますが、それは違うんです。

営業テンプレートが普及している

産後の骨盤矯正は「院対象のセミナービジネス」として確立しています。

その為

「この説明で10回コースに必要性を持たせましょう」

こういった「売り方マニュアル」が用意されているのです。

特に整骨院・鍼灸院向けの「産後の骨盤矯正導入セミナーでは売り方までがセットとなっています。

売り方だけでなく「POP」や「ポスター」まで販売されています。

だから皆、同じ謳う文句で同じコース回数で、同じような施術をしています。少し違うことをしている院は「同じだと差別化ができない」と感じた院でしょう。但し、10回コースなら「見た目を変えただけで中身は一緒」です。

兎にも角にも理屈・理論が基本的に後付け。それが産後の骨盤矯正です。

今度は「痩身」で10回必要になった

産後だから10回必要

最近はこの理屈に納得できないママが増えてきました。

それで登場した「新たな理由」が

  • 痩身・サイズダウン
  • プロモーション維持
  • 二人目に向けた妊活

こういった謳い文句文句です。

美容系と妊活系が加わると途端に「10回」が違和感なく受け入れられます。エステや小顔矯正では良くある回数だからです。

ここまで来ると見えてくるのではないでしょうか。

産後の骨盤矯正の院側の目的が

  • 産後の骨盤を整える
  • いかに10回の来院予定を確保するか

では、極論「別に骨盤じゃなくてもいい」という本音が。

  • ダイエット
  • 脂肪分解
  • 美顔灸
  • 妊活

こういったメニューが加わっている院は「長期来院のネタ」をいつも探している院と言えるでしょう。

お問い合わせはお気軽に!

関連サイト

当院の産後の骨盤矯正専門のホームページへのリンクを貼っています。

茨木、箕面彩都で産後の骨盤矯正をお探しの方はお気軽にご相談下さい。