産後の骨盤矯正の真実

[最終更新日]2019/02/05

産後骨盤矯正の誤解

産後の骨盤矯正は難しいから、専門知識がいるんですよね?」との質問を時々頂く事があります。

逆です

産後の骨盤矯正はとにかく誤解が多いです。

恥ずかしながら私自身も、実際に臨床に入るまでは「産後の骨盤は疲れている」と思い込んでいました。

産後の骨盤矯正を初めて2人目で薄々感じ、3人目で流石に確信しました。

 

思ってたんと

違う。

 

骨盤から「はち切れんばかり」のエネルギーが伝わってきます。動きたくて仕方がない様子です。

実際、矯正圧は通常の半分程度でも関節が解放されるケースが殆どです。とにかく「すぐ動き出す」のが特徴です。

まるで「待ってました!」と言わんばかりの動きっぷりなのです。

産後の骨盤は「きっかけを待っているだけ」です。もう動き出す準備はとっくにできているのです。

本当に難しいのは慢性化した骨盤

「痛みや痺れに悩む患者様」の骨盤矯正は非常に繊細な作業になります。

  1. 骨盤の固定が強い(仙腸関節)
  2. 歪みが複雑に絡み合っている
  3. 来院時の歪みは「偽りの歪み」である事が殆ど

この骨盤を「見たままの歪み」に合わせて矯正をすると持続的な効果が見込めません。「身体の奥に潜む”はじまりの歪み“」を絞り込む必要があるので、検査も施術も手間が掛かります。最後の矯正の瞬間は「これで間違いない」と躊躇がありませんが、そこに至るまでが大変なのです

一方の「ダイエット・美容」目的で骨盤矯正を希望される方の骨盤は「出産による歪み」であり、原因が最初から明らかです。

  • 初産か二人目か
  • 子宮口の広がるペース
  • 会陰切開の程度
  • 帝王切開か自然分娩か

こういった「出産時における個人差」はありますが、基本的には「出産」という同じ出来事での個人差となります。骨盤の歪みを作り出した一番のインパクトが予めわかっている事。これがどれだけ助かるポイントか。

難解なパズルを解く様に原因を追い掛けていく骨盤矯正に比べると最初から答えを渡されている様なものです。

何より患者様が若くてエネルギッシュである事が多く、長年の症状で心身が疲弊しているという事もありません。負担蓄積は長くても300日です。

当院は年単位の蓄積を抱えている方の来院が大半なので、負担蓄積が1年未満の骨盤はとても施術がやり易いです。

ですので、とても楽なのです。

産後の骨盤矯正は一般の骨盤矯正より簡単です

意見は色々分かれると思いますが、「産後の骨盤矯正」が生まれる前から日々「代替医療の骨盤矯正」に取り組んでいた私としては、「美容目的の産後の骨盤矯正」は辛い痛みを抱えている方の骨盤矯正に比べてかなり楽であると断言します。

繰り返しになりますが、産後の骨盤は問題を抱えて歪みが起こった訳ではありません。妊娠~出産という生理現象の中で起こった自然な変化であり、ゆっくり戻ろうとしているものを後押ししてあげる事が目的となるからです。※自然に戻り難くなっているのは「生活習慣」や「姿勢」の問題です。

一方、痛みや痺れを長年伴ってきた骨盤は「本来なら無いはずの問題」を抱え込んだものです。これは自然では戻りません。「戻れなくなっている」状態です。正にひっくり返った亀みたいなものです。それを整えてあげるのが本来の骨盤矯正であり、当院で行っている骨盤矯正となります。

ですので、同じ骨盤矯正であっても「対象の骨盤の質」が随分と違うのです。

賭けてもいいですが(嘘です)、産後の骨盤矯正が非常に高度で複雑と伝えているのは「産後の骨盤矯正」から骨盤矯正を学んだ先生のはずです。それ以前から骨盤矯正をしていた先生は「いや、逆だろう」と言っていると思います。

俊カイロの産後骨盤矯正は6,980円です。

当院の産後の骨盤矯正は他の院に比べると独特です。

  1. 出産1ヵ月程度から受け付け
  2. 施術回数は平均2回
  3. 骨盤矯正を含めた全身調整

施術費用は「6,980円」ですので、殆どの場合で15,000円でお釣りが出ます。

驚かれるママが多いのですが、昔から骨盤矯正を行っている施術家にとっては「当たり前」の事なのです。