膝の痛み

dummy
院長

女性の方が多い症状です。

早いと30代頃から悩まれて来院されるケースがあります。

屈伸すると
膝がパキパキ鳴ってた

小中高生からこの様な症状と共存していた場合は「症状が無くても」一度ご来院される事を強くお勧めします。

大抵の場合「膝に体重を押し付けている」状態であり、少しずつ変形性膝関節症への道を進んでいる可能性が高いです。

膝を負担から解放する

dummy
院長

膝はこれに尽きます

膝関節が痛くなる理由は簡単です。

  1. 膝に重心が偏っている
  2. 膝中心で足を使っている
  3. 膝を伸ばす習慣が無い

殆どがこの3つの原因が重なり合って起こります。

だから、この3つの原因を1つ1つ取り除いていく事で多くの膝痛は改善へと向かいます。

具体的には何をする?

dummy
院長

全身調整が基本となります。

  1. 筋肉の状態確認
  2. 神経の状態確認
  3. 膝の運動負担を確認
  4. 膝周辺の筋肉の確認
  5. 足腰の状態を確認
  6. 脚の使い方の確認
  7. 上半身と下半身の連携を確認
  8. 内臓~呼吸を確認
  9. 肩甲骨の状態を確認
  10. 身体の使い方を確認
  11. 問題点を整えていく
dummy
イクミン

膝を中心にして全身を整えていくよー!

いきなり膝を施術しても「その場は楽なんだけど・・」という無限ループに片脚を突っ込みます。

そこで「膝に負担を押し付ける要素」を1つ1つ外側から取り除いて膝関節を解放してあげる形です。

dummy
院長

股関節の痛みと同じ流れです。

膝が抱える重荷を取り除いていく

膝を直接施術するのではなく、膝を解放する施術から入っていくと思ってください。

dummy
イクミン

膝が悪いのではなく、膝を追い込む周りの原因が一番悪いんだよー!

膝関節調整の動画

全身調整の中に膝関節用の検査・施術を組み込んで行います。

料金

内容 料金
膝関節の調整(120分) 10,000円
通院ペース 月1~2回
dummy
イクミン

膝の痛みは膝関節だけの問題じゃないんだよー!

お問い合わせはお気軽に

膝の小ネタ

dummy
院長

これ、結構大事ですよ!

まず体重

dummy
院長

大半がこれ

膝関節を悪くする人の多くは「適正体重」を超過しています。そこに運動不足が重なるケースが更に多いです。

まず体重から

これは膝関節における鉄則です。

サポーターに頼らない様に

dummy
院長

痛みはマシになり、身体はどんどん弱ります。

これ非常に多いです。着圧系の膝サポーターを常時使いっぱなしにされる方が増えてきました。

「楽になる」からと使っている方が多いですが、腰のコルセットと同様に「それありき」の生活を送っていると膝周辺には「廃用性萎縮」という筋肉の衰えが出始めます。

そうなるとサポーター無しでは歩くのも辛くなりますので、要注意です。

「つけたら歩けるし」という気持ちもよくわかりますが、全体的な「健康レベルが下がっている」状況なのです。

次の話題へ進む⇒自律神経の不調へ