子供の姿勢でお悩みの方へ

dummy
院長

子供の姿勢矯正は相談が結構増えています。

俊カイロでは子供さんの姿勢矯正を「見た目の美しさ」ではなく「機能性=健康的」な自然な姿勢をゴールとして提供しています。

こんな悩みが多い

dummy
院長

姿勢も現代病なのか?

  1. 猫背(円背)
  2. ガニ股(O脚)
  3. X脚
  4. いかり肩
  5. ストレートネック

来院の割合

dummy
院長

殆どが生活から歪んでいる子供さんばかりです。

生活から起こる姿勢の歪みは「環境適応」による結果ですので、環境を変える事で比較的早い段階で変化が出てきます。

一方の先天的な歪みに関しては「元々がそういうもの」である以上は変化はそこまで起こらない事が多いです。

俊カイロの姿勢矯正

dummy
院長

美しさより健康優先

当院の子供の姿勢矯正は「綺麗な姿勢」を目指す方向性ではありません。あくまで「健康的な姿勢」への取り組みとなります。

良い姿勢=健康的な姿勢
ではない!

まずはここだけでも覚えてください。

姿勢矯正の内容

dummy
イクミン

結構、細かい内容だよー!

  1. 現状の姿勢を分析する
  2. 筋肉と神経の状態を分析する
  3. 歪みの要因をリスト化する
  4. 施術で神経と筋肉を整える
  5. 宿題で定着を図る
  6. 姿勢が変化していく

俊カイロの姿勢矯正はこんな流れになっています。

料金

内容 料金
子供の姿勢矯正(90分) 10,000円
通院ペース 月1回
dummy
イクミン

施術の濃さが自慢だよ!

問い合わせはお気軽に!



代表的な誤解

実はこの姿勢が身体を歪ませる

この上記の姿勢、とても綺麗で良い姿勢だと思います。ですが、この姿勢は人間にとっては「不自然」であり「健康的」ではありません。

この姿勢を続けると色んな関節が歪みを抱えます。

  1. 足首
  2. 股関節
  3. 背中
dummy
イクミン

全部やんか!

姿勢に関する情報はこの様な「何かちょっと違う」ものばかりです。その誤解と勘違いが「子供の歪み」を作り出していると感じています。

dummy
院長

身体の専門家は気付いていると思います。この変な状況に。

これが子供の姿勢を歪ませる

私が実際にお子さんの姿勢を確認し、辿り着いた「代表的な要因」は幾つかあります。

  1. 習い事
  2. 姿勢矯正グッズ
  3. 机でのお勉強
  4. スマホ・タブレット利用
  5. 読書の姿勢
  6. 特殊な運動靴

何か関節に問題がある、筋肉に問題があるお子さんは全体の1割程度です。残り9割のお子さは「生活による歪み定着」でした。

つまり、殆どが「生活習慣病」という事です。

生活を変える勇気を!

お子さんの姿勢を正しく、自然にするには「生活改善」が一番確実です。ですので、施術を受けるだけでなく「生活に変化を投げ込む」事を忘れないでください。

投げ込む変化は「宿題」としてお伝えします。

姿勢とは
環境に適応した姿

これが姿勢の本質です。

私が見た子供の歪み

実際に臨床で目の当たりにした原因について解説します。

1.習い事による歪み

dummy
院長

これ、本当に多いです。

ここ数年、このケースが爆発的に増えました。お子さんの身体が「特定競技用」の身体に仕上がってしまっているケースです。

習い事は例外なく「基礎運動」ではなく「専門教育」です。

その為、競技ごとの「偏った運動」が定着し「特有の歪み」が生じている様です。

なお、複数の習い事を掛け持ちしている子程、歪みが複雑な傾向があります。

2.姿勢矯正グッズ

dummy
院長

これも多い。

子供用の椅子に「姿勢矯正」の効果を謳ったものが増えました。それと同時に「姿勢は綺麗で関節が歪む」という歪な姿勢をもった子供が増えました。

姿勢矯正系のグッズは子供・大人問わず「見た目の審美性」を重視したものばかりです。筋肉や神経がドンドン「綺麗な見た目」の代償として歪みを持ちますのでご注意下さい。

3.机でのお勉強

dummy
院長

時代の流れかな

机に向かって勉強をする時間が明らかに長くなっています。子供にとって「椅子に座る」は股関節を固める要因にしかなりません。

小学生で腰を痛めるお子さんは殆どが「座り姿勢」が長い為に股関節が不安定になっているのです。

4.スマホ・タブレット利用

dummy
院長

これは女の子に多い。

スマホやタブレットをソファーで利用しているお子さんに多いです。特にうつ伏せ利用をしているお子さんはご注意下さい。一見すると背筋が伸びて見えますが、背骨が棒の様に固定しており、肩こりや首コリを引き起こします。

5.読書の姿勢

うつ伏せでの読書を日常化している場合は要注意です。背骨が固定し、背筋が伸びてる様に見える一方で動きが取れなくなっています。

6.特殊な運動靴

dummy
院長

男の子に特に多い

履くだけで速くなる系統の靴を「日常履き」しているお子さんは特に注意してください。履き始めに何かが起こる訳ではなく、数年後に時間差で関節に異常が出てくるケースが多いです。

そうなると回復・改善にはどうしても時間が掛かってしまいます。

お子さんの靴はもっとシンプルでいいと思います。

当院推奨の「足育」履物

どちらも取り扱っていますので、お気軽にご相談下さい。

中高生~大人に最適。25cm~

3歳~大人までいけます。15cmから1㎝刻み

問い合わせはお気軽に!