俊カイロの技術・哲学は基本的に「学校」ではなくそれぞれの「師匠」から教えて頂いたものばかりです。それぞれの技術・テクニックには師匠の拘り・生き様がそのまま映し出されていますので、ここでご紹介をします。

「日本人のからだに合ったカイロ」大越テクニック

創立60年を超える日本カイロプラクティック連盟で指導されているテクニックです。「アメリカのカイロプラクティックは日本人の性格と身体には合わない事が多い」と感じていた故大越勝衛先生によって開発された国産のテクニックで諸外国からも高い評価を受けています。

カイロプラクティックとオステオパシーの技術を併合し、矯正の前に血液やリンパの循環を促進する「整体的な要素」が加わったカイロプラクティックテクニックとなっています。

日本人は緊張しやすく、また神経質な傾向がある為に検査直後の関節矯正は身体が受け付けてくれません。まず「身体の巡り」を良くしてリラックスを促してから矯正に入る流れとなっています。

「人を構造物として分析したカイロ」橋爪テクニック

当院で使う関節矯正のアジャストはほぼ全てが「橋爪テクニック」となります。元々建築系の仕事をされていた事から「人の身体を構造物として分析をする」という特徴的な捉え方をしたテクニックです。

〇最大の特徴は「安全性」

橋爪テクニック最大の特徴は「安全性」です。カイロプラクティックのアジャストは「張力の集約」「力の方向」「力の角度」がとても重要になるのですが、小さな店舗から大きなものではダム建設にまで関わっていた橋爪先生には「構造物に掛かる力の計算」は最も得意とする分野です。

患者様の関節に負担なく張力を集め、関節の構造に従った角度と必要なだけの圧をブレなく届ける橋爪テクニックは「施術する側」「受ける側」のどちらにも負担の無い理想的なアジャストテクニックです。

カイロプラクティックの技術を日本人らしく、より良いものへと工夫・昇華したテクニックです。

「指先~足先まで活きた神経をしっかりと通すカイロ」

事情により名前を紹介する事はできないのですが、私をヘルニアの寝たきり生活から救ってくれた先生のテクニックです。からだの隅々まで神経を通し「本来のからだを取り戻す」事を目的とします。

2年間に渡り、様々な技術を教えて頂きましたが何より「哲学」を徹底的に教えて頂きました。師匠の臨床に立つ事を許され、「哲学が溶け込んだ技術」の素晴らしさを目の当たりにした時の感動は今もはっきりと残っています。セミナーで教わる一般的な施術とは別格の「ここにしかない手技」がそこにはありました。

俊カイロの施術の根幹には常にここで学んだ哲学が存在しています。

パキポキが怖い人でも安心して受けられます

ああああああああああああああああああああああああ

安定期から妊婦さんも大丈夫です

ああああああああああああああああああああああああ

腰~足先のピリピリ神経痛でお悩みの方もご安心

ああああああああああああああああああああああああ