運動神経の余り

[最終更新日]2018/05/03

運動神経・能力にまつわる誤解

「子供の運動神経・能力を上げたい」という希望をお持ちのママ・パパから相談を受ける事があります。その希望に応えること自体は可能なのですが、ママ・パパと面談・打ち合わせを進めていくうちに「ある事」に気付きました。 「運動神経・能力について大きな誤解がある」 という事です。

「からだの専門家」である私に全てを任せて頂くというのはとても有難い事です。ですが、ママ・パパが「正しい運動神経・能力について」の知識を持つ事は「結果至上主義」に陥らない為にも大切な事です。当院では「レギュラー確保」を最優先にするのではなく、あくまで

  • 「子供の運動神経・能力を引き出すこと」
  • 「引き出せる状態にからだを導く事」

ボール

  • 投げる練習【一定】
  • 左右に投げる練習【一定】
  • 左右に投げる練習【乱数:投げる手で判断】
  • 左右に投げる練習【乱数:ボールの色で判断】
  • 左右に投げる練習【乱数:指示で判断】
  • 動作の反復:神経促通
  • 聴覚:指示
  • 視覚:手・色
  • より多くの情報を処理して対処する訓練
  • 「今、自分が何をすべきか」を同時処理して最適解をはじき出す

目まぐるしく情報が入り、それを処理する訓練で、情報処理のメモリを向上させる。冷静に判断をする土台を整える。

関連記事

  1. 余り文章

  2. 当院の施術が長い理由

  3. 「産後の骨盤矯正」が生まれた経緯の没原稿

  4. 仮マップ

  5. イクミとトシオの俊カイロプラクティック院について

  6. カイロと美容の関係について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。