CL会館の前で事故があった様でした

[最終更新日]2018/05/09

朝から事故がCL会館で!

今日は通勤時にCL会館前でお巡りさんが現場検証をしていました。

CL会館前の十字路は市民センター、千里丘市役所の出張所側から入ると非常に右側が見えにくいポイントです。その割に郵便局側から入り込んでくる車は余りスピードを落とさないで入ってきます。夜はまだ車のライトがはっきりとミラーに映り込みますから車の存在に気付きやすいですが、昼間は本当にわかり難い十字路です。

事故が結構起こっている十字路

CL会館前の十字路は事故が結構起こっています。また事故寸前の出来事も結構頻繁に起こっています。

  • 郵便局側が緩やかなカーブで確認し難い
  • 郵便局側からの車がスピードを余り落とさない
  • 道幅が1.8車線くらいの微妙な幅
  • 歩道のラインが狭い

正直、起こるべくして起こる場所だと思うのですが、それでも特に対策を取る様な事はしていないようです。事故を防ぐ目的ならあそこの取り締まりをした方が余程良い気がするのですが、取り締まりによって事故が起こる可能性があるからしないのでしょうか。とにかく車の侵入速度は30㎞どころか40㎞レベルがゴロゴロです。直線じゃなくてカーブの先にある十字路なんですけど。。。。

右側からの車には本当に要注意です。

CL会館側から十字路に侵入する際、普通に十字路に侵入しようとすると本当に右側からの車との事故リスクが高くなります。ですので、CL会館側から千里丘公民館、千里丘教会側に向けようとする場合は「左車線」側に立って、じっくりミラーの奥の方と「音」を確認しながら進みましょう。

ミラーに映ってなくても一瞬で来る十字路です。

ミラーに映っていないからと「ゆっくり」渡ろうとすると危険です。あそこはカーブになっているのでミラーで確認できる範囲が非常に狭く、あっという間に車が入り込んできます。ですので「安全だ」と確認をしたらすぐに渡りましょう。

千里丘にはこういった交差点が多い

千里丘にはこういった危険な交差点が今も沢山あります。私が暮らしていた頃に比べて人は増えたが街のインフラが変わっていないのが原因だと思います。岸辺に健都ができますが、あれも目の前の整備はできてもその周辺になると昔のままです。インフラ整備は割に合わない事業になっているのでしょうか。健全な街にする為にもそういった方面を強化してもらえたらいいなと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。