O脚矯正・X脚矯正

[最終更新日]2018/03/08

日本人の7割はO脚傾向?

これは私が解剖学の授業で講師から聞いた話ですが、日本人の7割はO脚傾向にあるそうです。その為、改善は可能であっても患者様が求める完全なO脚解消は現実的ではないという事でした。正直、私もそう思います。ですが、O脚の改善は可能です。

綺麗な脚になるには筋バランスが大切です

私が見てきた限り、先天的なものではないO脚の殆ど全ては「使うべき筋肉が使われていない」事が原因です。

  • 脚を閉じる筋肉が(内腿)使えていない
  • 腹圧が抜けている
  • お尻の筋肉が使えていない
  • 内臓が下がっている(内臓下垂)
  • 腰骨が前に反っている(過剰前腕)
  • 首が前に突き出している
  • 背中の筋肉が常に張っている
  • 骨盤が後傾気味
  • 膝が曲がっている

結局は「姿勢の歪み」の一環が「O脚」だという事です。脚だけO脚で腰から上が綺麗な姿勢をしている人を私は臨床上で見たことがありません。腰痛で悩む人なんて一人残らずO脚傾向といっても良いでしょう。

O脚矯正は股関節の調整から始まります

当院のO脚矯正は基本的に「股関節」の調整がメインとなります。日本人の多くのO脚は股関節の運動性に制限が掛かっている事で生じている「機能性O脚」であることが殆どです。

仮に骨や関節の奇形がありそれがO脚を作り出しているとしたら、それはもう「先天的なもの」となりますので、先天的な側彎と同じく矯正対象にはなりません。その骨格に対しては正常な形となるからです。

ですので、当院で矯正対象とするO脚は以下の前提が必要となります。

  • 1.足の骨(大腿骨)に奇形が見られない事
  • 2.股関節のくぼみ(寛骨臼)に奇形が見られない事

つまり、股関節の構造に異常が見られないのに生じているO脚が当院のO脚矯正の対象となります。O脚に悩む方は、まず股関節の構造に先天的な問題が無いかどうかを整形外科などで確認してもらうのが最善でしょう。

これは側彎についても同様です。必ず仙骨の奇形が無いかどうかを確認しましょう。

股関節の運動性に関わる他の関節調整も行います

股関節の動きは単純に股関節だけの問題ではありません。人間の関節は「互いに影響しあって動きを作る」構造をしています。ですので、「本来の股関節の調整」とは股関節単体の調整ではなく、股関節の運動に関わる全ての関節・組織の調整になるのです。

  • 肩甲骨の状態
  • 肩関節の状態
  • 腰骨の状態
  • 骨盤の状態
  • 膝関節の状態
  • 各関節を結ぶ筋肉の状態
  • 筋肉を支配する神経の状態
  • 重心の状態

ただ「股関節を調整して解決する」程O脚・X脚は単純ではありません。それだけで解決する場合は相当な軽症のO脚です。院に足を運ぶ患者様は長年悩み続けている方ばかりですので、問題要素は全身に散らばっています。

股関節だけを狙っても戻りが早い

問題要素が全身に散らばっている場合、股関節だけを矯正で調整をしたところで余り意味はありません。即効性はある程度出ますが、持続性は極めて小さくなります。単発の調整では脳が矯正操作自体を「バランスを乱す刺激」と判断をするからです。

ですので、矯正によって整った関節はすぐに元の「不自然ながらもバランスの取れた状態」へと戻ろうとします。

結局「O脚矯正」は「総合調整」の内容と同じです

当院には「O脚矯正」の専用メニューというものがありません。施術対象がO脚であっても、取り組む施術自体は結局は「総合調整」と同じ内容になるからです。どんな症状であってもこの基本は変わりません。「全身をしないと始まらない」というのが本音です。

  • 「O脚だから、足を施術すればいいんでしょ」
  • 「骨盤したらO脚って改善するんでしょ」

このようなイメージを持たれている患者様が結構多いのですが、それはもうTVや雑誌の行き過ぎた情報だと考えてください。メディア経由の情報は基本的に相当誇張されています。視聴率や部数が掛かっているので仕方のない事だとは思いますが。。。

当院のO脚矯正の流れ

当院で行うO脚矯正の流れは以下の通りです。ほぼ「総合調整」の内容と同じです。

  • 1.「からだのカルテ」の作成
  • 2.O脚を作り出す要因をリスト化する
  • 3.足りていない筋力の確保
  • 4.強すぎる筋力の弛緩操作
  • 5.神経促通の確保
  • 6.筋バランスの定着を図る
  • 7.骨盤・股関節の調整
  • 8.リスト化された要因を1つ1つ克服していく
  • 9.O脚の変化を経過観察

繰り返しになりますが目的は「O脚の状態をその場で矯正する」事では無く「O脚の原因をリスト化し、1つ1つ取り除いていく」流れとなります。

O脚・X脚の改善はお気軽にご相談下さい

以上、O脚・X脚の当院の見解を紹介しました。O脚・X脚という診断名がつくと何だか凄い問題を抱えた様な気がするかもしれませんが、骨格に問題が無い限りは「筋肉の問題」であることが多いです。そして筋肉の問題は殆どが「日常のからだの使い方・癖」です。

繰り返される反復動作の中で脳は筋肉や関節の運動範囲を随時調整していますが、動きが偏る事でどんどんバランスは崩れていきます。その結果として脚に出てきたのが「O脚」であり「X脚」という訳です。

腰や肩、首と違って「痛みではなく見た目」の問題がクローズアップされてしまいますが、腰で言うなら「反り腰」であり、肩でいうなら「猫背」といった姿勢の歪みに他なりません。難しく考えないで「姿勢の歪みを整える」という意識を持ちましょう。

当院では「足の姿勢の歪みを整える」というスタンスで昔からのお悩みであるO脚・X脚の矯正・調整指導を行っています。インソール(足底板)を使ったO脚矯正・X脚矯正とは違ったアプローチですので、即効性では劣りますが、変化は身体全体に及びます。どちらも一長一短だと思いますので是非ご検討下さい。

1人で悩まず、気軽に質問・相談で前に進もう!

O脚・X脚矯正についての質問・相談は随時受け付けています。

  • メール
  • LINE
  • 電話

いずれの方法でも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

1人で悩む時間が一番しんどくて勿体ないと思います。相談するだけでも現状に変化を生み出せますので、勇気を出して「はじめの一歩」を踏み出してみてください。

関連記事

  1. 子供のO脚矯正・X脚矯正

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。