昔書いた文章:色々

[最終更新日]2018/05/03

育児ママの来院について

育児に奮闘するママが沢山来院くださる理由の一つが恐らくここです。受付の女性スタッフが育児中という事は良くあるのですが、施術を担当する人間が育児中という院は非常に稀です。※パパというケースは多いが、育児はママがしていることが殆ど。なので施術中に良く育児あるあるの話で盛り上がります。育児ネタで盛り上がる院は珍しいそうです。

医学について

何故か日本では「医学」という学問が物凄く難しいものであり、医学部に所属する様な優秀な人だけが触れて良いものだという認識があります。私はその固定観念を壊したいのです。医学と健康は密接過ぎるくらいに繋がっています。そこを学ばないで予防医学も再発防止もありません。何よりいつまで経っても「専門家任せ」の状況が変わりません。

「医学」というから難しく感じるだけであって、もっと「気軽な言葉」で置き換えれば良いのです。

  • 「医学→からだのこと」
  • 「生理学→からだの仕組み」
  • 「解剖学→からだの構造」
  • 「病理学→ばい菌のお話し」

私達が「セルフ・ケア」を行う上で知るべき内容はそう多くはありません。そしてそう深くもありません。ですので、当院での施術を通して「からだの仕組み・構造」について少しずつ知っていってもらいたいと思っています。「もっと難しい話だと思っていた」と驚かれる事が沢山出てくるはずです。

医学をもっと身近なものへ

「からだのこと」は自分の健康を守る為には絶対に必要なものです。そしてそれは「教える側の工夫」で幾らでもわかりやすくすることができるものなのです。

当院は北摂の小さな院ですが、ここから少しずつ始めていきたいと思います

「からだの事」を理解するればするほどに、一気に見える世界が広がります

  • 自分が使っている化粧品の成分を思わず見る自分に気付きます
  • スーパーで「カルシウムたっぷり!」のコピーより成分表を見ている自分に気付きます
  • 体温計の温度より子供の様子を確認している自分に気付きます
  • ケガも無いのに「痛い!」と泣き叫ぶ子供を前に落ち着いている自分に気付きます
  • 子供の歯磨き粉を買う際に「PPF」を確認している自分に気付きます
  • サプリなど栄養機能食品もキャッチより成分量しか気にならない自分に気付きます
  • 栄養を品数ではなく摂取量の数値計算をしだしている自分に気付きます
  • 新聞の健康関連の記事に突っ込む自分に気付きます
  • TVの健康食品のCMに突っ込む自分に気付きます
  • チラシなどの広告記事に突っ込む自分に気付きます

私もそうでしたが、世界が本当に変わります。「世の中ってこんなにいい加減だったの?」と思わず笑ってしまうくらいです。知る事によって「必要な物と不要な物」の選別もスムーズになりますので、生活がとても効率的になるという思わぬメリットもあります。

関連記事

  1. 運動神経の余り

  2. 余り文章

  3. 頭を整理する為の文章書庫

  4. あまり文章

  5. 仮マップ

  6. 「産後の骨盤矯正」が生まれた経緯の没原稿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。